不整脈・心電図の記事一覧

不整脈に関係する記事一覧


寿司とカレーと不整脈と十六茶

 不整脈を増やすもの、減らすもの、飲食物についての考察

脈の乱れを止めるもの
 不整脈を止めることができるのは薬?、それとも・・・

暴食の報い

 わかっていたことですが宴会シーズンは不整脈が・・・
20140107_ijyou_hikaku

脈が乱れるのはなぜか?・・・その2

 不整脈が出る時期出ない時期があるのはなぜか? 考察第二弾

脈が乱れるのはなぜか?・・・その1

 不整脈が出る時期出ない時期があるのはなぜか?

不整脈激減の理由

 頻脈どころか期外収縮すら出ない日・・・理由を考察

秋バテ

 おなかの調子と自律神経と不整脈の関係を考察

下痢と自律神経と不整脈の関係

 秋に不整脈増える・・・その原因を考察

パニックを防ぐ
 極度の緊張、不安から起こるパニックとセットで起こる不整脈を防ぐ

猛暑が自律神経に与えるダメージ
 体調不良の自覚がなくても身体にダメージ? 猛暑は不整脈につながる?

自己暗示自己増殖自己硬直過剰反応性緊迫型心身症

 精神からくる不整脈、心臓が悪いのか?心の問題か?

お目覚めは頻脈の目覚ましで
 深夜に頻脈に襲われる時は体調が最悪の時です

久しぶりの心因性緊迫型上室性頻拍
 花火の音で誘発される不整脈、メンタル面が心臓に及ぼす影響

海鮮と不整脈
 飲食物が心臓に及ぼす影響、海鮮についての考察

・雪かき中の心電図をとってみました
 

  
安静が前提の家庭用心電計で運動時にとってみると・・・ コチラ

・期外収縮、自覚症状の違いは波形にどうでるのか?

  まずは2つの上室性期外収縮について検証しました コチラ

・苦しい不整脈とそうでない不整脈、何が違うのでしょうか?

  
レート、リズム、回数、強さなど心電図をもとに違いを解説 コチラ

・食後に起こる心室性期外収縮とは?

  
発生前の行動、自覚症状、心電図の確認、自律神経の働など コチラ

・心室性期外収縮の心電図とは?

  
安静にすると起こる心室性期外収縮の心電図、自律神経の働きなど コチラ

・上室性期外収縮の心電図とは?
  
上室性期外収縮の心電図の確認、自律神経の働きなど コチラ

・携帯心電計EP-301で取れる心電図波形
                   
電極部位による違いは?
  
本体電極で胸部、誘導電極CC5、CM5、NASAで取得した波形を掲載 コチラ

・不整脈のトリガー?、交感神経とのかかわりは?

  
不整脈の発生時の状況や自覚症状から、交感神経の影響はある? コチラ

・不整脈のせいで身体不調?、実は自律神経失調症かも?

  
身体不調の原因は不整脈か?それとも自律神経の不調か? コチラ

・パニックになりそうな時、心臓の動きは?、心の動きは?

  
パニックになりかけ、精神力で抑える、心の駆け引きがわかるかも? コチラ

・携帯心電計パメラテックのEP-301と判読支援ソフトの実力をみる

  
最新型の携帯心電計と判読支援ソフトの機能の紹介 コチラ

・旧型の心電計で取った不整脈の心電波形
  
不整脈の自覚症状と心電波形を紹介 コチラコチラ

・不整脈を誘発するのは何? 追い続けた果てに見えたものとは?
  不整脈の引き金は何なのかの最新版 コチラ

・不整脈とどうつきあうかは人それぞれですが・・・
  不整脈は苦しい、でも今の状態で薬を飲み続けるのには疑問が・・ コチラ

・不整脈、その症状・回数・発生頻度などの視覚化にチャレンジ中
  どうすれば有用でわかりやすい履歴を残せるか試行錯誤中 コチラ

・不整脈の原因は何なのかを追った2回目
  食事? 生活習慣? 原因となる何かがつかめれば・・・ コチラ

・不整脈持ちがサイクリング、注意点や効果についての3回シリーズ
  不整脈のある人がサイクリングのするときの注意点 1回目 コチラ
  不整脈のある人がサイクリングをするとこうなるよの 2回目 コチラ
  不整脈のある人がサイクリングをするとこうなるよの 3回目 コチラ


ブログのトップに戻るup


コメント

はるちゃん、おはようございます(夜勤明けなので)

実はわたくしも1週間ほど単発の期外収縮が多発しております
連発にならない (なりにくい) モードです。
もちろんむやみに心拍数を上げるような真似をすれば、
頻拍などへ移行する可能性が高くなりますが、
期外収縮のパターンである程度予測できます。
現在のパターンは活動すると出て、寝れば出ないモードです。
その他の行為、伸びや深呼吸では収まらないモードです。


はるちゃんのも連発にならないことをお祈りしています。


さて、上室性頻拍と動悸の自覚症状の違いですが、

上室性頻拍は極めて息苦しく、心臓が小さく早く打つのはわかりますが、胸の違和感は少ないです。
苦しくて立つまたは立ち膝以外の姿勢はできません。


心房細動の脈の速いタイプは、非常に息苦しく胸部不快感が
極めて大きくなります。 
心臓が強く打ったり弱く打ったりするので不快感が大きいようです。
こちらも立つまたは立ち膝以外の姿勢はできません。


単に動悸と表現する時は、心拍数は通常+αくらいですが
リズムが一定で心臓が強く打つ時を表しています。
強く打つ=自分の脈動で地震と勘違いしたり、
あおむけで寝ていると明らかに脈動で体が上下に揺れます。
横向きにならないと気になって眠れないくらいです。
自律神経が不調な時にこういう感じになるようです。

わかりにくかったらすいません。

投稿: まんたろう | 2013年1月24日 (木) 09時31分

こんばんわ

今日も、単発の期外収縮がたくさん出ています
(+_+)
連発が出たらどうしようかと焦ります

伸びをしたり、深呼吸をしても単発が出ます

ところで、まんたろうさんの 上室性頻拍と動悸の自覚症状は どんな違いがありますか

投稿: はるちゃん | 2013年1月23日 (水) 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)